iphoneを修理に出す前にするべきこと

iphoneが反応しない、壊れてしまった、バッテリー交換をするなど、いろんな理由で修理に出さなくてはいけなくなった時にするべきことはなんでしょうか。携帯を使うのは当たり前だけれども、機械に触るのは苦手だという方の場合は特に注意しておかなくてはいけません。

特に大事なのはデータのバックアップを取ることです。これも意識していないと思いますが、これまで撮影してきた思い出の写真や、やり取りしてきたメールやSNS、ゲームアプリなどのデータはそのままお店に出すと綺麗さっぱりなくなって返ってきます。お店側では基本的にバックアップ作業はしてくれませんので、自分自身で予めデータは保存しておかないといけないのです。icloudを使ってやるか、パソコンのiTunesを使って行うかになるので、やりやすい方法でやっておきましょう。

他にも、アイフォンを探すという機能がオフになっていないと修理をしてもらう事が出来ないので、これも予めどうなっているのか自分でチェックしておきましょう。この機能は失くしてしまった時のために探すために使う機能ですが、それ以外にも悪用されないように遠隔でデータ消去ができるようになっています。もしこの消去を行っていた場合には、消去する前のAppleIDとパスワードを入力しないと他の人が触れないような状態にロックされてしまっています。その為、お店に出しても修理ができなくなってしまうので、これもお店に持ち込む前に必ず設定を確認してオフにしておきましょう。

基本的にはこの二つでいいのですが、必要に応じて購入証明書の提出ができるようにレシートを準備したりしておくとスムーズに作業をしてもらえます。早く直したいと思うと何をすればいいのか分からず焦ってしまいますが、大切なデータがたくさん入っているという方は少なくありませんので、バックアップも日頃からこまめに取るようにしておけば、いざという時に修理に出す時も安心です。